空き家問題の現状と課題とは?

New

皆さんこんにちは!栃木市を中心に不用品回収や伐採業、遺品整理業など幅広く対応している関東クリーンサービスです。


日本をはじめとする多くの国々で、空き家は社会的な問題へと拡大しています。これは単に都市美観の問題ではなく、安全性の懸念、地価の低下、コミュニティの崩壊といったより複雑で根深い課題をはらんでいます。「空き家問題の現状と課題」という本記事では、空き家が社会に与える影響の全貌と、それに対処するための既存のアプローチや新たな解決策について解説していきます。



■空き家の現状


・空き家の定義


空き家とは、居住や利用が一定期間されていない住宅や建物のことを指します。具体的な定義は国や地方自治体によって異なる場合もあるものの、長期間にわたり使用の目的がなく、明確な居住の跡が見られない状態をさすことが多いです。日本では、法律上の定義として「6か月以上継続して居住の用に供されていない住宅」と位置づけられています。 空き家の課題は多岐にわたり、地域の限られた資源や安全性、景観の問題から、社会的な孤立やコミュニティの弱体化にも影響を及ぼすとされています。そのため、空き家問題は単なる物件の扱いを超え、幅広い社会政策の観点から対応を求められる重要な課題となっています。


・空き家数の推移


国土交通省のデータによると1998年と20年後の2018年のデータを比較すると空き家の数は約1.92倍も増加している事がわかります。このような空き家が増加した原因としては相続したが


資料引用元:「空き家制作の現状と課題及び検討の方向性」



・都市部と地方部での空き家問題


1980年代と比べる2018年時点の空き家の数が2倍以上になるなど

深刻な空き家問題を抱えている日本ですが、都市部と地方の空き家の増加数も課題となっています。実際に平成20年時点では全国で全体の10%の空き家率を超える都道府県はありませんでしたが

平成30年には空き家率10%を超える都道府県は6件を超えており

空き家問題が深刻化しています。これら空き家が増加した原因として、都市部では高齢化や核家族化が増えたこと。地方部では若者の都市移住や少子高齢化が進んだことによって、空き家が増え続けています。これにより、都市部では景観や治安の悪化、地方部では地域の活性化の妨げとなっています。

また、都市部では土地の高騰や建設コストの上昇も影響し、家屋の維持管理が困難となるケースも見られます。

一方、地方部では耕作放棄地や農家の高齢化により、農地や農家の空き家も増加しています。


資料引用元:「空き家制作の現状と課題及び検討の方向性」



■課題の深刻化


・経済への影響


空き家問題は、経済にも大きな影響を与えています。特に都市部と地方部では、異なる要因により経済への影響が異なります。


都市部では、空き家問題が進むことで周辺地域の不動産価格が低下する可能性があります。これは、周辺の住宅環境が悪化することで魅力が低下し、需要が減少するためです。また、空き家が増加することで地域の活性化が阻害され、商業施設やサービス業の衰退が進む可能性もあります。さらに、空き家が増えることで地域全体の税収が減少し、地方自治体の財政に悪影響を与える恐れもあります。


一方、地方部では、空き家問題が進むことで地域経済全体に悪影響を及ぼす可能性があります。地方では人口減少や高齢化が進んでおり、空き家が増加することで地域の活性化が阻害されることが懸念されています。また、空き家が増えることで地域の住民が減少し、地域全体の消費が低下する可能性もあります。さらに、空き家が増えることで地域の不動産市場が停滞し、地域経済全体に悪影響を及ぼす恐れもあります。


・コミュニティーへの影響


空き家問題は地域コミュニティーにもさまざまな影響を及ぼしています。特に都市部と地方部では、その影響が異なります。


都市部では、空き家が増加することで地域コミュニティーの結束が弱まる可能性があります。空き家は管理されず放置されることが多く、外観の荒廃や不法投棄などの問題を引き起こすことがあります。これにより、周辺住民の安全や生活環境が悪化し、地域コミュニティーの一体感が低下する恐れがあります。


一方、地方部では、空き家が増加することで地域コミュニティーの存続が脅かされる可能性があります。地方では人口減少や高齢化が進んでおり、空き家が増加することで地域の活性化が阻害されることが懸念されています。また、空き家が増えることで地域の住民が減少し、地域コミュニティーの存続が危ぶまれる場合もあります。



■現状の対策と取り組みについて


・空き家対策特別措置法


人口減少によって空き家問題が深刻化していますが政府も空き家対策にのりだしています。2023年(令和5年)6月7日に「空き家対策特別措置法」成立させた事で今まで放置されていた空き家を再活用していく施策を打ち出しています。これによって2015年に全面施行され、これまで所有者の許可なしでは不可能だった敷地への侵入・調査、住民票や戸籍など個人情報を確認できるようになりました。


不動産を所有していると毎年固定資産税が加算されますが特定空き家に指定されると固定資産税が6倍に跳ね上がることもあります。特定の空き家に指定されると行政より所有者に対して書類など勧告を受けます。それでも改善されなければ「住宅用地の特例」が適用除外になり、固定資産税に影響が出てしまうのです。


※住宅用地の特例…人が居住するための家屋の敷地として利用されている土地に対する固定資産税の優遇措置で、土地の固定資産税評価額が最大で6分の1になり、税金が軽減されること


・空き家発生を抑制する特別措置


空き家とその敷地を相続等で取得した場合、その空き家又はその敷地を売却するに当たって一定の条件を満たせば、所得税・個人住民税において譲渡所得から3,000万円までが控除される特例措置を受けることができます。

※令和9年(2027年)12月31日までに売却することが必要です。


これは、被相続人の居住の用に供していた家屋及びその敷地等を相続した相続人が、相続開始の日から3年を経過する日の属する年の12月31日までに、一定の要件を満たして当該家屋又は土地を譲渡した場合には、当該家屋又は土地の譲渡所得から3,000万円を特別控除ができるものです。

一定の条件とは具体的にどういったものなのか下記を推奨ください。

①相続開始の直前(老人ホーム等に入所の場合は入所の直前)まで被相続人が一人で居住していたこと。

②相続開始から譲渡の時まで、使用されていないこと。

③耐震基準を満たした家屋か、家屋の取壊しをした後の敷地を譲渡すること。あるいは、家屋の譲渡をした後、譲渡をした年の翌年2月15日までに家屋の耐震改修又は取壊しを行うこと。

④昭和56年(1981年)5月31日以前に建築された家屋であること。

⑤相続開始の日から3年を経過した年の12月31日までに譲渡すること。

⑥譲渡価格が1億円以下であること。


参考資料:「政府広報オンライン 空き家の活用や適切な管理などに向けた対策が強化。トラブルになる前に対応を!」


■業者選びの注意点


このように今後は空き家を放置しておくと今までよりも税金が6倍に跳ね上がることも考えられる為、税金を抑えたいのであれば「解体」「売る」「貸す」事も視野に入れるべきです。

その際には、住宅の家財道具などの整理も必要になります。自分たちでも片付けを行う事はできますが、もし自分たちで難しい場合は専門の業者にお頼みする事もおすすめです。空き家片付けを専門業者に依頼する際には、注意点がいくつかあります。まず第一に、信頼性が重要です。専門業者を選ぶ際には、信頼できる業者かどうかを確認するために口コミや評判を調べることが重要です。また、業者が許可書など保有しているかどうかも確認すべきです。


次に、料金や見積もりの明確さも重要です。空き家片付けの料金は、作業内容や規模によって異なります。業者によっては、初めに見積もりを提示してくれるところもありますので、複数の業者から見積もりを取り比べることが大切です。また、料金には作業費用の他に廃棄物処理費用などが含まれているかどうかも確認しておくと良いでしょう。


さらに、業者の対応やサービス内容も重要です。作業を依頼する際には、業者の対応や作業の進捗状況を把握しやすいかどうかを確認することが大切です。また、作業後のアフターサポートや保証制度があるかどうかも確認しておくと安心です。


最後に、業者の選定にあたっては、複数の業者を比較検討することが重要です。料金や対応などを踏まえて、自分のニーズに合った業者を選ぶことが大切です。


■まとめ


空き家問題は、都市部と地方部を問わず日本全体で深刻化しています。高齢化や核家族化、若者の都市への流出などの要因により、空き家が増加しています。この問題は、経済的な影響や地域社会の活性化にも大きな影響を与えています。


空き家問題の経済への影響は大きく、不動産市場における価値の低下や周辺地域の衰退などが挙げられます。特に都市部では、不動産価格の低下が顕著であり、地域全体の経済活動に悪影響を及ぼしています。また、空き家が増えることで地域の税収が減少し、地方自治体の財政にも悪影響を与えています。


空き家問題の解決には、地域住民や行政、企業など様々なステークホルダーの協力が不可欠です。具体的な施策としては、空き家の有効活用や再生、若者や移住者の定住促進策、地域コミュニティの活性化などが挙げられます。地域の特性やニーズに合わせた施策を講じることで、空き家問題の解決と地域全体の活性化につながるでしょう。


空き家問題は単なる物理的な問題だけでなく、地域社会や経済にも大きな影響を与える重要な課題です。地域の課題に合わせた具体的な施策を講じることで、空き家問題の解決と地域全体の活性化につながるでしょう。


■お問い合わせは関東クリーンサービスまで!


関東クリーンサービスでは空き家の片づけ作業~不用品の買取業などにも対応しています。これまで数多くのお客様のご依頼にこたえてきたため豊富な実績もあります。


関東クリーンサービスでは、一般廃棄物運搬許可や古物商許可証も取得している為皆さまの大切なお品物を大切に処分、再利用いたします。また、買取やリサイクルする品物が発生するとその分の代金を値引いています。少しでも費用を抑えたいと考えているのであればこちらも合わせてご検討ください。


お見積りも無料で行っています!

お気軽にお問い合わせください。


お問い合わせはこちら

アーカイブ

人気記事